吉村美穂クリスマス・チャペルコンサート2017

1344594_3010030-1

毎年恒例のクリスマス・チャペル・コンサートも今年で記念すべき11回目を迎えました。今年は、第6回(2011年)に続き2度目の登場となる吉村美穂さんをお迎えします。元アーノルド・シェーンベルク合唱団(オーストリア/ウィーン)の吉村さんが、欧州の風情豊かな歌声で、あなたに本当のクリスマスの響きを届けてくれるでしょう。伴奏はピアニストとして数々の演奏活動を展開している野田常喜さん。そして、今年も「ワンコイン」で入場頂けます(入場料はすべて岸和田障害者共同作業所後援会へ寄付されます)。この機会をぜひお見逃し無く!

吉村美穂クリスマス・チャペルコンサート 2017年12月10日(日)

出演:吉村美穂(ヴォーカル)/野田常喜(ピアノ伴奏)
開演:午後2:30(開場・午後2:00)※午後4:00終了予定
入場料:500円(小学生以下無料)コンサートの入場料はすべて「社会福祉法人いずみ野福祉会 岸和田障害者共同作業所後援会」へ寄付されます。
会場:岸和田東聖書教会
駐車場(無料)をご利用の場合は、電話予約が必要になります。台数に限り(20台)がありますので、お早めにご予約ください。

◇プロフィール
吉村美穂(vocal)
岐阜県出身。
立命館大学法学部卒業後、京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。
ロータリー財団の奨学金を得て、ウィーンに留学、グラーツ国立音楽大学(オーストリア)リート・オラトリオ科修了。
ウィーンを拠点とするアーノルド・シェーンベルク合唱団の正団員として、ウィーンフィルやベルリンフィルと世界各地でオペラやコンサート活動をする傍ら、ソリストとしても研蹟を積む。
2006年に、クリスチャンシンガーとしての活動を開始。現在、国内外のキリスト教会をはじめ、病院、教育機関、施設などて、賛美コンサートを開催している。
CDを7枚、オリジナル楽譜集を発売している。
歌の学校コアシューレ講師。
滋賀県下のゴスペル教室講師。
京都平安女学院中学高校コーラス部コーチ。

野田常喜(piano)
京都出身。
両親の影響を受けて、7歳から教会で賛美歌やゴスペルの演奏を始める。
大阪音楽大学ピアノ科卒業。
岡山若い芽のコンサート入賞。なにわ芸術祭等に出演。
現在、クラシック、ゴスペルを中心に演奏活動をする。レコーディング、アレンジ、作曲も手掛け、多数の音楽家のサポートに力を入れている。
ジャンルを超えた音楽性と心深く語りかける瑞々しいピアノの音色には、定評がある。

クリスマスおたのしみ会のお知らせ

いよいよ、まちにまったクリスマス。

1356165_3036084
待ちに待ったクリスマスの季節がやってきました。
みんな!「クリスマスおたのしみ会」でおもいっきり楽しもう!!
だれでも参加できるよ!ぜひ来てね!

○○○○プログラム○○○○
・レクリエーションゲーム
・クリスマスの歌を歌おう

–³‘è
・人形劇「猫のペーチャとくつ屋のマルチン」
(原作・トルストイ/愛あるところに神あり Tolstoy「Kie estas amo, tie estas dio」)
マルチンは腕のいい、くつ屋。ある日、年老いて孤独に暮らしていたマルチンのもとにに奇跡が起こる。ロシアの文豪トルストイ原作。クリスマスの次期に世界中で愛され、語り継がれるハートフルストーリーを、こども向けの人形劇で上演します。

–³‘è
・工作タイム
まつぼっくりで、かわいいクリスマスオーナメント(クリスマスの飾り)をつくろう。

–³‘è
・クリスマスパフェ作り
みんなでつくろう!おいしいパフェができるかな!?

・プレゼントタイム

□日時・2017年12月17日(日)午後2:00〜3:45
□対象・未就学児〜小学生
□参加費・無料です
□会場/主催・岸和田東聖書教会キッズチャーチ

歓迎礼拝のご案内〜「ディア・ベスト・フレンド」〜

若葉に風香る今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。この新緑したたる6月に、教会では、キリスト教や聖書になじみのない方に向けて、歓迎礼拝を開きます。今回は、特に聖書から「ディア・ベスト・フレンド」というテーマでわかりやすくお伝えしたいと思います。普段教会に通っていない方も、聖書が何を語っているのか、聞いてみませんか。ぜひ、お気軽におこしください。

日時 6月25日(日)午前10:30〜11:45頃
会場 岸和田東聖書教会
※入場無料

170625ƒgƒ‰ƒNƒg— ol
「人がその友のためにいのちを捨てるという、 これよりも大きな愛はだれも持っていません。」(聖書・ヨハネの福音書15章13節)

あなたは、友をお持ちでしょうか。その友は、あなたのために命さえも投げ打って、駆けつけてくれる人でしょうか。太宰治氏の小説「走れメロス」は、麗しき友情物語が描かれている作品として有名です。
こんなお話です。暴君ディオニス王の圧政に怒りを覚え、王の暗殺を試みるが、捕らえられ、死刑宣告されたメロス。妹の結婚式のために、3日後の日没まで猶予を願い、その代わりに、友のセリヌンティウスが人質となった。3日目にメロスは王宮に戻ろうとするが、行く手を阻むあらゆる不運にあい、夕刻まで到着するのが困難な状況に追い込まれた。しかし、体力の限りに、メロスは走り続け、約束どおり到着し、セリヌンティウスを救い出すことができた。

昨今、インターネットが拡大する中で、このような麗しい友情物語を築くことの難しさが浮き彫りになっています。世界中の人々との距離を縮めようと試みて、ソーシャル・ネットワークサービスが充実してきました。しかし、どういうわけだか、これらのツールによる、陰湿な誹謗中傷、ことによっては犯罪が跡を絶えません。イエスが言われた通り、ますます人々の愛が冷えていき、自己利益しか考えることのできない時代となってきたりしているのです。

本当の友というのは、彼の友のために命を捨てる者のことだと、神のことばである聖書は語ります。その友というのは、イエス・キリストです。イエスは私たちの罪のために十字架に架けられました。私たちに罪があるというのは、いわゆる犯罪を犯したという意味ではありません。私たちに罪があるというのは、私たちを造られ、私たちを日々守られている創造主なる神さまから心離れていることを言います。まことの神さまから離れているから、私たちは様々な悲惨にあうのです。
私たちは罪あるままでは、この神の御怒りを受け、天国にいくことはできません。神さまを無視し続けた罪は償われなければなりません。しかし、イエス・キリストは私たちの罪のために、罪の償いのために、十字架に架けられました。そして、私たちのために死んでくださっただけではなく、よみがえってくださいました。こうして、イエス・キリストを信じる者が、ひとりとして神の御前に滅びることがないようにしてくださり、天国への道筋がイエスによって切り開かれました。

このように私たちのために犠牲を払ってくださるお方が、本当の友です。イエス・キリストは私たちのために友となってくださり、最上の友となってくださいます。ぜひ、このイエス・キリストと出会いを実現するためにも、教会に足をお運びください。誰よりも、イエス・キリストがあなたを待っておられます。

池田憲生(岸和田東聖書教会 牧師)

〈ご案内〉 TVGCゴスペルコンサート

–³‘è

TVGCゴスペルコンサート
“Be filled with the Holy Spirit”〜聖霊に満たされて〜
日時 2017年6月17日(土)
(開演) 午後2:30〜
(開場) 午後2:00

※入場無料

主催・TVGC / 会場・岸和田東聖書教会
SCAホームページ:http://www.shinscommunityacts.com/

〈出演者Profile〉
◆TVGC (True Voice Gospel Choir)
2012年5月に結成。山本真一郎先生のご指導のもと日々練習に励んでいます。TRUE VOICE には、「真実のお方を心から賛美する声」という意味が込められています。アットホームでわきあいあいとしたクワイアです。

◆山本真一郎(vo/piano)
関西学院大学・総合政策学部卒。1996年にゴスペルピアニストとしてデビュー後、ディレクター・シンガー・ピアニストとしての経験を積み、2003年に「ゴスペルミニストリーS.C.A」を創立。以後、関西を拠点に全国各地で歌唱指導や公演活動を展開する他、プロデューサーとしてコンサートやセミナーの企画、またエンジニアとしてレコーディングや音響、オペレートを務める。ゴスペルミニストリーS.C.A代表。プライベートでは、4児の父親である。

◆深川雅史(drums)
9歳から教会でドラムを始める。14歳の頃より佐野隆士氏に師事。大阪音楽大学短期大学部にて桐村正則氏に師事。同校講師のラリーランサム氏のローディーとして経験を積む。大学卒業後は関西を中心に音楽活動を展開する傍ら、アジトドラムスクール、新日本ミュージック、ESP MUSIC SCHOOLなどの講師として活動。菅沼孝三&天地雅楽ドラムコンテストにて優勝。

教会アルバム2016年クリスマス後編〜元旦

161218-1 161218-2
クリスマスも終盤に差し掛かった12月18日(日)には、キッズ・クリスマスフェスタが開かれました。今年はたくさんのこども達が集まってくれました。
161218-3
クリスマスの賛美をみんなで歌ったり、降誕劇のパペットを見たり、
161218-4 161218-5
そして第二部はクリスマス・スイーツづくり。今年はクリスマスケーキをみんなで作りました。
161218-6
みんなで美味しく頂きました!!みんな、また来てね〜!!
161224-3 161224-2
そして24日の夜はクリスマス・イヴ礼拝。キャンドルサービス、聖歌隊の賛美、聖書のみことばの
静かで特別な聖夜となりました。
161224-1
燭火は毎年、小学生が担当してくれます。
161224-4
みことばを取り次ぐ池田牧師。この後、おいしいケーキをみんなで頂きました。
写真が無くて残念ですが、数種類の手作りケーキはどれも最高でしたね。
161225-1 161225-2
25日のクリスマス礼拝を終えて、最後のプログラムはクリスマス祝会。
グループに分かれて、クイズや朗読劇、寸劇など様々な出し物がありました。
161225-3
祝会の中で、クラッシックギターを披露する池田牧師。
クリスマスには様々なプログラムがありましたが、どのプログラムも、楽しい感謝なひと時となりました。また、地域の方々もたくさん参加して下さりありがとうございました。今年も救い主のご誕生を心から喜び、感謝する、豊かなクリスマスになりました。
161230-1 161230-2
12月30日の年末には教会で餅つきが行われました。
1月15日に久しぶりに餅つき大会を行うので、予行演習を兼ねて…。実は教会で餅つきをするのは、とても久しぶりでした。うすはありましたが、きねや蒸し器など、足りない道具はお隣の岸和田北教会からお借りしました。失敗もありましたが、本番に向けて良い準備になりました。
161230-3
あんこは無しで、醤油やきな粉で食べていましたが、ついに1人我慢できなくなって、スーパーにあんこを買いに行きましたw。
170101-1
そして、2017年の元旦を迎えました。元旦は、毎年恒例の記念撮影。
帰郷された方等も交えて、すばらしい新年のスタートが与えられ感謝です。
皆さま、今年もどうぞよろしくお願いします。
主の祝福が豊かにありますように。

「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。--主の御告げ--それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」聖書・エレミヤ書29章11節

2016年キッズ・クリスマス・フェスタのお知らせ

–³‘è

いよいよ、まちにまったクリスマス。

みんな!キッズ・クリスマス・フェスタでおもいっきり楽しもう!!
○プログラム
・レクリエーションゲーム
・クリスマスの歌を歌おう
・子どもたちの発表
・人形劇  C.ディケンズ作 「ファースト・クリスマス」
“The First Christmas”-Charles Dickens- from「THE LIFT OF OUR LORD」
・クリスマススイーツ作り(今年はイチゴの雪だるまケーキ)
・プレゼント□日時・2016年12月18日(日)午後2:00〜3:30
□対象・未就学児〜小学生
□参加費・無料
□会場/主催・岸和田東聖書教会