人生の目的とは

 (本メッセージは、2021年5月22日 ラジオ「福音の光」で放送されたメッセージの抜粋、改訂バージョンです。)
 あなたの人生の目的は何ですか。かつては、いい大学にはいって、いい企業に就職して、お金を儲ける、などというのが、最善の生き方だと思われていました。私もそのように思っていた時期もありました。それでは、実際にそのようになり、お金をたくさん儲けるようになったら、あなたの「人生の目的」はそれで終わりでしょうか。あるいは逆に、これらのことが何一つうまくいかないということであれば、あなたの人生の目的は失われるということでしょうか。何か自分が定めていた目標が達成されたら、あなたの人生の目的も終わるのでしょうか。
  あなたは自分のために生きていますか、それとも他人のために生きていますか。あなたが自分のために生きているなら、自分が健やかで物事がうまくいっていたら、それでいいでしょう。しかしもし、あなたが誰かに頼って生きていかなければならない健康状態になったら、あなたはどうするでしょう。また他人のために生きているなら、その人があなたの側にいる時には平安でしょう。しかしあなたの前からその人が消えたら、あなたは人生の目的を失うのでしょうか。例えば愛する人と死別したら、あなたは、ただ途方にくれて一生を過ごさなければならないのでしょうか。
  ただ、自分のためではなく、他人のためだけでもない生き方があるとすればどうでしょう。教会は、まことの神さまのために生きるということをしばし語っています。神さまは永遠なるお方です。もし、永遠なるお方のために生きる望みがあれば、私たちの望みも永遠に続くのではないでしょうか。そういういつまでも尽きることのない望みを、イエス・キリストは私たちにくださいます。どうやって、その尽きることのない望みを、いただくことができるのでしょうか。その鍵は、イエス・キリストにあります。
  イエス・キリストは、私たちに永遠のいのちを与えるために、ご自身のいのちを差し出されました。どうして、イエスは、私たちのために死ななければならなかったのでしょう。それは私たちの罪のためです。罪とは、まことの神さまから目を背け、まことの神さま以外のものを神としてしまうことです。ただ、それは犯罪行為に及ばなければよいということではありません。私たちの心の中に渦巻く人に対する嫉妬、敵対心、無関心、それらは神の御前に喜ばれない、りっぱな「罪」です。
  私たちは、それらを心に秘めていたら、永遠のいのちに預かることはできません。永遠のいのちに心を留めていない人たちが多いですが、神のことばである聖書によると、人は例外なく永遠のいのちに預かる人と、永遠の滅びを味わわなければならない人たちとに分かれると示されています。もし、永遠の滅びに行ってしまうとなると、それこそ、人生の目的をどれほど崇高なものに打ち立てて、しかもそれを果たしたとしても、それは無駄に終わってしまいます。イエスは言われます。「人は、たとい全世界を手に入れても、まことのいのちを損じたら、何の得がありましょう。」
  人生を本当の意味で有意義で意味のあるものとするためには、永遠のいのちに預かる必要があるのです。そうするためには、まず、イエス・キリストのもとに来ることが大切なのです。イエス・キリストは私たちの罪のために十字架に架かってくださり、永遠のいのちを保証するために、三日目によみがえられました。そして今も生きておられます。私たちに永遠のいのちを与えるためです。イエス・キリストを信じることによって、私たちは人生の本当の目的を見ることができるのです。あなたもこのイエス・キリストのもとに来てみませんか。
  「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。」  イエス・キリストのことば
                              (ヨハネの福音書14章6節)

本日のイブ礼拝について

 皆様、いかがお過ごしでしょうか?
告知させていただいていたとおり、本日19時30分より、岸和田東聖書教会クリスマスイブ礼拝を行います。
この礼拝は、YouTubeライブ配信も行います。19時15分頃から配信を開始します。
閲覧されたい方は

https://youtu.be/0DdQg3Gx1lo

をクリックしてお入りください。
皆様に神さまの祝福がありますように。
※投稿主の技術不足により、YouTubeのURLがリンクとなっていませんので、アドレスをコピーアンドペーストして、
ブラウザに貼り付けてください。よろしくお願いします。
岸和田東聖書教会 牧師 池田憲生

クリスマス礼拝、イブ礼拝のご案内

 皆様、いかがお過ごしでしょうか。
日本ではコロナウイルス感染が抑えられているように見える昨今です。
ただ、オミクロン株の件により、再び警戒しなければならない事態になりつつあります。
 当教会では、引き続き感染防止に努めて、毎週の礼拝を行っております。
クリスマス礼拝、イブ礼拝のご案内をいたします。

 クリスマス礼拝  12月19日(日)午前10時半より
 クリスマス イブ礼拝 12月24日(金)午後7時半より 
                    (キャンドルサービスではありません)

 皆様の上に、神さまの豊かな祝福がありますように。
 
   

本日は第一アドベントの礼拝でした。

皆様、こんにちは。本日は各教会で、第一アドベントの礼拝をいたしました。

神様に心から感謝いたします。世の罪を取り除く神の子羊主イエス・キリストのご降誕を祝う季節となりました。コロナの恐怖がまだ途絶えない中ですが、神様の御手の守りがお一人お一人にありますように、お祈りいたします。

どうぞ、よいクリスマスをお過ごしください。

主日礼拝の会衆礼拝、及び諸集会の再開について

主日礼拝の会衆礼拝、及び諸集会の再開について

2021年10月3日(日)

岸和田東聖書教会は、緊急事態宣言後、皆様のご健康、特にご高齢の方々の安全を守るために、日曜日の主日礼拝をネットでのLive配信という形式で行い、会衆礼拝を中止しておりましたが、2021年9月末の緊急事態宣言解除を受けて、10月10日(日)より新型ウイルス対策を徹底しつつ会衆礼拝、及び諸集会を再開いたします。また、高齢者の方や体調のすぐれない方のために、主日礼拝のネットでのLive配信も継続いたします。主日礼拝に参加される方は、下記の点をご理解いただいた上で、ご協力よろしくお願いいたします。

■日曜主日礼拝

・体調に不安がある場合、発熱がある場合の参加はご遠慮ください。
・必ず各自マスク着用の上、ご参加ください。
・必ず受付での検温、アルコール消毒にご協力ください。
・礼拝中一定の距離を保つために座席表を作成しています。各自、指定された席にご着席ください。ゲスト席も用意しています。(礼拝堂以外にも1会の小ホールも使用します。)
・当面の間は礼拝後の昼食は中止を継続します。

■また、下記の集会10月10日以降再開します。

・キッズチャーチ
・コイノニア
・聖書学習会
・金曜日早朝祈祷会
・婦人会

岸和田東聖書教会の感染症対策について

岸和田東聖書教会の感染症対策について

2020年1月24日(日)

12月3日に「大阪モデル」の警戒度が「赤信号」となり、さらに1月14日~2月7日までの期間、大阪府に緊急事態宣言が発出されたことを受けて、岸和田東聖書教会は、皆様のご健康、特にご高齢の方々の安全を守るために、日曜日の主日礼拝及び各種集会の今後の対応を下記の通りに延長して実施いたします。

■日曜主日礼拝
下記の期間、ネットでのLive配信を行います。会堂に集まっての礼拝は行いません。
また日曜早朝礼拝は休止します。詳しくは教会の牧師までご連絡ください。

・日曜主日礼拝の感染症対策実施日
【2020年12月6日(日)〜2020年3月7日(日)】

■また、この期間に行われる予定である、下記の集会は中止及び延期いたします。

・キッズチャーチ
・聖書学習会
・金曜日早朝祈祷会
・婦人クリスマス講演会

ご協力よろしくお願いいたします。